「カタカムナ 数霊の超叡智」を読んで

自分で言うのも変な話ですが、「読書のすすめ」さんで
「カタカムナ 数霊の超叡智」なる本を購入してました。

ちょっと、以前のブログで書いたともうのですが、急いでいたので気になった本を片っ端から購入した感じなので、よく検討してませんでした。

で、東京から戻って、これなんだっけ?てなったのですが、昨日ようやく読み始めました。

胡散臭い感じはするものの、ちょっとおもしろい。
カタカムナとは、日本にあったかもしれない超古代文明のこと。
遺跡も何も出てきていないものの、カタカムナ文献と言うものは存在するそうです。

これを読み解くと様々なことが、、、、って話です。

嫌いじゃない、というか どちらかと言うと好き(笑)

日本語は、古代語がそのまま残っている的な話も誰かの本に載ってたけど
ひょっとするとカタカムナの文献が大本かも等と考えました。

カタカムナでアマゾンを検索すると結構本がいっぱい出てくる。。。。

すごいな。。。ちょっと、イヤかなり興味がわいて来ました。

今年中に何冊か読んでみたいと思います!!