「増田のブログ」を読んで。

CCCの増田社長が社員に向けて語ったブログをまとめたものです。
サイズは、かなり大きめ。

単なる過去ブログをまとめたものなんですが、
普通の経営の本よりためになる内容でした。ほんとに。

一番心に残ったのは
「全ての生活に関わるものはアートになる。」という考え方。

いや、確かに。

建築物や、住まいはもちろん、家具照明、お皿などの生活用品も。。。

服や時計もそうだし、音楽や本もだ。

追求すると、全てアート・芸術になっていく。。

量より質を追求する社会に日本がなったからでしょうか
すごく、納得する話でした。

この前、食のイベントで紙皿で高級食材を食べたけど、
今いち感が半端なかったんです。
美味しいんだけど、この料金の価値がないっと思ってしまいました(笑)

やっぱり、提供されるお皿や空間も込みで料理だと思う。
お皿や空間のセンスはアートってことですよね。

この本自体が、アートな本だ。

大きさ。装丁。書体と文字間のバランス。挿入の写真。

どれもこだわられている。

他も、面白い内容がいっぱいなので、オススメです。