どうなってんだマリナベイサンズ

シンガポールといえばマリナベイサンズ。
マリナベイサンズといえばシンガポール。
IMG_0114
シンガポールのアイコンとしてマーライオンを超えたと思われるマリナベイサンズ。

3棟のタワーの上に船が乗っているという日本ではありえない建築物ですが
近くで見ると更にすごいカタチをしてました。

まず、屋上には宿泊客しか行けないプールエリアと
誰でも入れるスカイパークがあります。(有料)

P1010691
スカイパークからかろうじて見れるプール。
IMG_0459
展望デッキと展望デッキにあるBAR「クデタ」
IMG_0461
スカイパークから見たマーライオン側
IMG_0452
スカイパークから見た植物園側

となっております。
まー、シンガポールに来たら、一度は登る価値があると思います。
さて、外観写真をアップするので、そのカタチを想像して下さい。
IMG_0429
IMG_0439
IMG_0443
IMG_0445
IMG_0446
IMG_0449

すごいカタチですよね。
眼福でした。

シンガポール取材

セレンデの取材でシンガポールに行ってきました。
IMG_0091
*写真はガーデンバイザベイという植物園からマリナベイサンズを見たところ。

福岡からはシンガポールの直行便がありまして
かなり楽に行くことができます。
飛行時間は6時間前後。時差は1時間。
今回は2泊4日。
最終日が深夜1時の便ですので
最終日もたっぷり楽しむことが出来ました。

さて、以前バルセロナに行った時は
ブログにアップしますと書いたきり、2回ほどのアップで
終了してしまいました。
反省しまして、今回はアップする内容を先に決めます。

「どうなってんだマリナベイサンズ」
「シンガポールの夜景シリーズ」
「意外と良かったガーデンバイザベイ」
「シンガポールの集合住宅いろいろ」
「シンガポールで人気のチキンライス」

タイトルは変わる可能性はありますが
こんな感じのものをアップしてみたいと思います。

「気の威力」を読んで

年初に読了して、いい本だっったので2回目の読了です。
Unknown

えー、藤平光一さんは合気道の武道家。
もともと、植芝先生(合気会)のもとで修行するも
その後考え方の違いから、心身統一合気道会を立ち上げた人です。

その心身統一を王さんとか長島さんとかに教えたらしいです。
(この本を読んではじめて知りました)

心身統一の大前提が
心と体はひとつとしています。
不動体ができれば、心も統一されているし
心が統一されていれば、体も統一されているというもの

で、その心身統一する方法をわかりやすく書いてますが
実際の所、よくわかりません。

例えば、「体の全ての部分の重みをその最下部に置く」
とあります。
なんとなく、分かった気がします。がよくわからない。

なので、2回めの読書をしたわけです。

読めば読むほど発見がある本ですね。

2回めで新しい気づきが色々ありました。

この本は、合気道をされていない方も
気に興味が無い方もぜひ一度読んでみてください。

きっとお役に立つと思います。

海水温熱療法に行ってきました。

先日の神田先生のセミナーで、海水温熱療法の話を聞き
福岡市内でもやっている話を聞きまして、早速行ってきました。

ちなみに海水温熱療法とは。。。
よくわからないんですが、海水(満月の日に沖縄で汲んだもの)でタオルを蒸し
体にあてて行って、体の中から温める民間療法のようです。
施術の様子はこちらをどうぞ

福岡市内で海水温熱療法を施術してるかたは、
現在、口コミだけで施術をしており
ネットにあえて連絡先も載せてないようです。
(2015/02/08現在)

なので、このブログでも施術場所情報は載せません。
すみません。

さて、施術の内容ですが、
驚くほど熱いです。やけどするんじゃないか?ってほどです。
いや、火傷したんじゃないか?ってほどです。

聞いてはいましたが、びっくりデス。

で、施術が終わると汗ビッショリかな?って思いましたが
そうでもありません。
体の中から温まった感じがするかな?って思いましたが
こちらもそうではありませんでした。

正直、体の中が本当に温まってんの?て感じでした。

ですが、首と目がスッキリしてるし、かなり疲れていた体が
シャンとしている感じはします。

次の日の朝の目覚めもスッキリでした。
(翌々日には目覚めは戻りましたが、、、)

どのくらいのペースで続けるといいのかわかりませんが
1ヶ月に2回位のペースで通って見たいと思います。

また、効果が確認できたら、追加で情報をアップしてみます。

「アニオン」に行ってきました。

フレンチレストラン「アニオン」
事務所の近くにありまして、
よくお店の前を通っていたので気になっているお店でした。

ですが、最近お客様との飲み会は全て和食&日本酒。
いや、まー自分が和食を選んでるだけではあるんですが。。。

今回は、たまたま気が向いての訪問になります。
はじめてということもあり、プリフィックスコースを頼みました。

IMG_2815_2
IMG_2817_2
前菜です。下仁田ネギのロースト?
チーズがたっぷりかかってます。
IMG_2818
メインが牛たんの???です。

これにデザートとコーヒーが付いて3800円。
料理はボリューミーで2品でお腹いっぱいです。
ボリュームがあるのですが、味付けはかなり洗練されてます。
上品な感じです。

これは、この店人気が出るのはわかりますね。

サービスもよくて、女性のソムリエさん?でしょうか。
手際よく、心地よくサービスしてもらいました。

飲み物はビールからはじめて、日本酒に頼みましたが
やっぱりあわなかったですね。
その後の赤ワインが美味しかったです。
IMG_2816_2

ガッツリ食って飲みたいときには「アニオン」お勧めです。

「あこめの浜」に行ってきました。

「あこめの浜」とは姪浜の古名らしいですね。

「あこめの浜」というちょっと変わった名前のお店に
先週の休みに行ってきました。

実は姪浜は住んでる場所のすぐ近く。

こんな近くに、こんな面白い店があったとは。
福岡、やっぱり飲食店の実力凄いなと改めて思いました。

まず、入り口がこんな感じの所を入っていきます。
IMG_2808

で、さらにこんな中庭に出て、
その向こうが玄関です。
IMG_2807
お店の中は、こんな感じです。
IMG_2805

もともとあった民家を改装したんでしょうね。

なんて言えばいいんでしょうか?
かなり、自分の好みの空間です。
もう、店に入った瞬間に絶対ブログに書くと思いましたね。。。

で、頼んだのは「豚たっぷり玉のハイカラセット」
P1010541
P1010542
IMG_2804
IMG_2806
こんな感じで1080円。

豚玉がですね。ほんとに、豚たっぷりで美味しいんですよ。

このお店の雰囲気で、こんなに美味しかったら
ファンになりますよーー。

夜もやっているようですので
なかなかこのエリアでは飲みませんが
一度は来てみようと思います。

姪浜の「あこめの浜」
おすすめです。

立春ですね。

昨日、節分の話と二十四節気と七十二候の話を書きましたが
本日は二十四節気の「立春」で旧暦でいうところの年始になります。

IMG_2814_2
なので、本日は櫛田神社にお参りに行ってきました。

写真は昨日の節分の名残です。
節分大祭には、日本一のおたふく面が飾られるのです。

 

ちなみに、七十二候の第1候で
「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」です。
春を呼ぶ風が氷をとかす時期という意味。

2月4日〜2月8日頃が第1候にあたります。

まだまだ、寒い日が続きますが、暦の上では春。

気分を新たに頑張って行きたいと思います。

速さは全てを解決する

「速さは全てを解決する」を読了しました。
Unknown-1
「ゼロ秒思考」という本を書いた著者の続編になります。
「ゼロ秒思考」で紹介されていたメモ書きトレーニングは
なかなか続かないですが、何かあるときには活用しており
ビジネスマンにとっては、ためになる本です。

今回も色々と学びが満載でした。

中でも仕事のスピードを上げるための8つの原則は
自分が考えていたことをキレイにまとめてもらった感じで、スッキリしました。

原則1 まず全体像を描く
原則2 丁寧にやり過ぎない
原則3 仕事のツボをおさえる
原則4 好循環をつくる
原則5 工夫の仕方を工夫する
原則6 前倒しする
原則7 一歩先んじる
原則8 二度手間を全力で避ける

こんな感じです。
詳しく知りたい人は本を読んで下さい。

サンク仕事のルールでもスピードアップの方法を下記のようにまとめています。
「完成形をコミュニケーションする」
「パーフェクトよりスピード」
「大事なポイントだけはおさえる」
「より速く仕事ができる方法を考える」
「すぐに着手する」
「メール・書類の二度見禁止。」

ちょっとだけ、シンパシーを感じました。

ビジネスは、とにかくスピードが大事だと思っていますので
この本のノウハウを使って、更にパワーアップしてみます。

 

カテゴリー: BOOK

田中角栄 100の言葉

「田中角栄100の言葉」を読了しました。
Unknown
なぜ今新刊で田中角栄?と思いましたが
興味を惹かれて購入したところ、一気に読んでしまいました。

実は、田中角栄についてよく知らなかったということと
田中角栄はほんとに魅力的な人物だったということがわかりました。

この本を読んだだけでは、こんな人と分析できないですね。
魅力的というほか、表現がないです。

響いた言葉が多かったので、最初の3つだけご紹介しときます。


用件は便箋一枚に大きな字で書け。
はじめに結論を言え。
理由は3つまでだ。
この世に3つでまとめきれない大事はない。


できることはやる。
できないことはやらない。
しかし、すべての責任はこのワシが負う。以上!


必要なのは学歴ではなく学問だよ。
学歴は過去の栄光。
学問は現在に生きている。

いや、深いし、カッコイイ。

改めて、田中角栄についてもっと知りたいと思いました。

節分ですね〜。

本日は節分ですね。
以前は、節分=豆まきぐらいの知識しかありませんでしたが
お茶をはじめまして、日本の季節の言い回しなどにも興味が出てきました。
P1010532
日本には、
二十四節気、七十二候という季節のわけかたがあります。
ちなみに、二十四節気の気と七十二候の候からできた言葉が気候らしいです。

明日が二十四節気のはじまりにあたる立春。
その前日が節分という事になります。

立春は旧暦で新年の始まりにあたりますので、
節分は、大晦日にあたります。

豆まきも実は、年越しの行事です。
歳の数だけ豆を食べるのは、正月を迎える度に
全員がひとつ歳を重ねるというなごりらしいです。

今年は、ブログで二十四節気、七十二候を紹介していこうと思います。